保証の有無

リサイクルトナーを導入することによってトナーカートリッジの購入費用を抑えるにあたり、通販業者を選ぶ際には保証の有無に注目しましょう。ほかの通販業者と比べてトナーカートリッジが少しぐらい高くても、保証はあったほうがいいです。

なぜリサイクルトナーに保証があったほうがいいのか、主な理由のひとつとしてはプリンタメーカーの保証対象外になることが多い点をあげることができます。プリンタメーカーでは純正品の使用が推奨されており、リサイクルトナーの使用による故障などのトラブルは有償での対応になることがほとんどです。万一のときにプリンタメーカーによる保証を利用することができない、さらにリサイクルトナーの取り扱い業者側にも保証がないということになると、故障などのトラブルは費用を自己負担して解決しなければいけません。また、リサイクルトナーは純正品に比べて、多少は不具合率が高いです。このことも、保証があったほうがいい理由のひとつです。

上記のような理由で保証はあったほうがいいわけですが、保証の内容にも注目しましょう。どういう場合に保証の対象になるのか、その範囲は広いに越したことはありません。また、いつまで保証が続くのか、この点は購入したリサイクルトナーを使い終わるぐらいまでのあいだ続くのが理想的です。

<関連HP>トナプロ / 品質保証付きリサイクルトナー

価格の安さと品質

価格がどれほど純正品より安くても、品質に問題があると逆に高くついてしまうことになりかねません。まず注目したいのは不具合率です。通販業者のホームページでは、不具合率が公表されていることがあります。当然のことではありますが、数字は低いに越したことはありません。

このほか、空のトナーカートリッジの回収後に充填だけしていないかチェックしましょう。トナーの感光体ドラムがすり減っている、傷が付いている、紫外線で劣化している状態では、印刷物に黒い点や線、色が薄くなる、かすれるなどの問題をおこす原因になります。リサイクルトナーの通販業者が回収後に洗浄・交換・修理を行なっていると大抵の場合は安心です。

また、純正品と同じ量のトナーを充填したとしても、同じ枚数を印刷できるとは限りません。純正品とリサイクル品では量は同じでもトナーの中身に違いがあるため、印刷可能な枚数には差が生じます。実際、同量のトナーを充填していても、純正品の半分の印刷枚数にも届かないようなものもあります。あまりに純正品より少ない枚数しか印刷できないと、価格は安くてもかえってお金がかかってしまうことになりかねません。したがって、この点も通販業者を選ぶときには確認したいことのひとつです。

トナーカートリッジの種類

プリンタを使用していく上でランニングコストとしてかかるのが、トナーカートリッジです。プリンタのメーカー純正・正規品を何の疑問も持たずに使用している人は多いでしょうが、高いと感じている人もいるのではないでしょうか。実はトナーカートリッジにはメーカー純正品以外にも売り出されています。コストカットの効果の大きいトナーカートリッジとしては、リサイクルトナーをあげることができます。

リサイクルトナーは空の使用済みトナーカートリッジを回収し、洗浄・交換・修理などをほどこしてトナーを充填し、販売されているものです。購入者のトナーカートリッジを先に回収し、そのカートリッジにトナーを充填、納品してくれるリターン品と、業者が抱えている在庫を納品してくれる即納品があります。リサイクルトナーはネット通販で購入することが可能であり、通販業者や製品の型番にもよりますが、純正品の50%や80%OFFといった具合に、大幅に安く購入することが可能です。送料がかかったとしても純正品を買うより費用負担を抑えることができますが、その送料まで無料にしてくれる通販業者もあります。

しかし、ネット通販でリサイクルトナーを購入する際には、価格の安さ以外にも注目してどの通販業者と取引をするかを決めなければ、失敗してしまうおそれがあります。具体的に何に注意しなければいけないのかは別のページにまとめていますので、本当の意味でお得にトナーカートリッジの費用を抑えたい人はぜひチェックしてください。